Tuesday, April 19, 2011

すぴりちゅありてぃ

さいきん良く聞くいかがわしい日本語の一つに
スピリチュアルという言葉があります。

英語ではspiritualですが、なかなか意味を表現できない言葉です.
AAのステップ2は、すこしこの怪しい言葉に近づくので
人はこの辺からすでに、AAから脱出したがります。

Step 2 Came to believe that a Power greater than ourselves could restore us to sanity
自分より大きな力が、私たちを正気に戻してくれると信じるようになった。
ステップ2は、こころをひらくということです。

ステップ2は、あんたの意見はいいから、このAAがどうしてこんなに盛況で
人が毎日ミーティングに戻ってくるのか、どうしてシラフの人がAAにいるのか、
ということに関心を持ってみろ、ということです。

「何であんたの言う通りにしなきゃいけないんだ、」
「こんなアヤシイの、やってられるかい」
というのは謙虚の逆で、よくある態度です。
アル中は自己中で、そのためにたまに強気になり、でも大半の時間はみじめです。

今は80代で、40年シラフの、ある女性のメンバーは、
小さいミーティングのコーヒーの後片付けを
いつも静かにもくもくとやります。

私は40年で長いのよ何でも聞きなさい、
というのではなく
何か自分が人のためにできることはないか、
という態度でいることを、静かに実践している人です。
それは謙虚な態度です。

魅力のある人は謙虚です。

スピリチュアルの定義は、自分なりに1000人1000色であるべきものなので、
定義より、なにがスピリチュアルな行動かを
知っていくとよいと思います。

スピリチュアルな行動とは、
行くといったら、その時間キッカリに、そこに行く
ということです。

人間の筋を通す、というかやるべきことをやる。
人間として成長する行動、大人の行動をする。人のことを考える。
良いマナーで生きる。

これ、アル中にはできません。

それは目標であり、完璧にできなくてはいけないのが12ステップではありません。
そういうスピリチュアルな態度で、今日一日を生きるよう
努力をするのが12ステップの方法です。

そういう人たちの集まりのAA自体を信じる。
その人たちの提案どおりにやってみたら
自分が変わっていくかもしれんと信じるようになった

そういうふうに変わり始めればステップ2まで来たといえます.

No comments: