Tuesday, July 26, 2011

スポンサーシップとは

アル中の人が、回復したいと思ったときに
AAに行って、先に回復している人に「スポンサーになってくれ」
と頼みます。その2者の関係性がスポンサーシップです。

一人ではアル中に呑まれても、そっから回復することはできず
回復には、同病の経験者で第3者の協力が必要だからです。

自分にはアルコール依存ショウという病気に対する責任は無い
ので、何で私はアル中になっちまったんだろう、と嘆くのはお門違いです。

でも回復に対する責任は、自分にあります。
回復をするために必要な行動をとるのは自分の責任で行わなくてはいけません。

スポンサーに毎日電話をして、「元気ですスケジュールはこうです」
など一言三言、会話を持つだけで
自分から確実にAAに働きかけていることになります。
責任を持ってそれを続けることが、回復することの基本の1です。

にんげん忙しいので1日忘れることもあります.でも
3日、1週間忘れる、と言うのは
自分のシラフ、回復をあって当たり前と思っているからです。

努力をして、回復した状態は保持されます。
自分の力で回復できると思っていると
それは既に再発へ、くだっています。

人の提案を受け入れることが、アル中に蝕まれた自分自身を変える最初の処方箋です。

人をスポンサーするときは
「わたしに毎朝決めた時間に電話してきて。mtgに行って。」
という条件を渡し、1週間以上続けてできたら、スポンサーシップが始められる
と言ってよいでしょう。

人をスポンサーするときは、自分が治してやると思ったり
相手が自分を良いスポンサーと思ってないのでは、など妄想し
自意識過剰になりますが、
相手の「ハイヤーパワー」なるものがその人の病気を治すので
自分は自分の「ハイヤーパワー」 なるものに、今自分がこの人の助けになれますように
手助けして下さい、と頼みながら
お互い自己中、自意識過剰、みじめ、にならないように日々
チェックし合い
自分の分からないことを聞かれたら、自分のスポンサーに聞いてから
スポンシーに返事をしてあげる
それがスポンサーシップです。

No comments: