Tuesday, August 23, 2011

1歳6ヶ月ー7ヶ月

そういえばはなこは1歳半になっています。
1歳ころから言葉、ブーブではなくCar、パパではなくDaddy、と
日本語じゃない言語だけど喋りだしています。
発音できる言葉はさほど増えず、今もそんな感じです。

前より語彙はふえ、発音はしないけれど、絵本を見て
めがねどれ、とか、お花どこ、とかバナナは、とかエルモは?と聞くと
それを指差して教えてくれます.

英語でeyeglassesは、とか flowerは、bananaは、 Elmoはと聞かれても分かります。

最近言えるようになったのは、お兄ちゃんのイアンをさして、この人誰?
ときくと、
いーあ、といいます。

ジョーズジョーズ。

今日は足、とかバナナとか私をまねて同じ発音をしました。
おしっこをすると、何か言いながら私の方にきて
おむつを外す動作をしました。
布おむつだからかな。

1歳半すぎてから、言葉の理解がすすんで、会話するということを
理解するようになっていくようです。

おいしいものとおいしくないもの、の存在を知り
甘いものを食べると、もっと欲しいとねだります。
これを甘んじて受け入れると、偏食、picky eaterに
なってしまうのだ、と感じます。今1歳半が勝負どきです。
picky eaterに絶対にさせてはいけません。

ゆりさんがきて、シュークリームの作り方を教えてくれました。
はなこに全然あげない、ということもできるけれど
一人の人として扱うために、私らが食べるんだったら同じように、半分あげます。
でももっとはあげません。

シュークリーム、すごい、、!
私でも出きるかもしれない、というとんでもない希望が生まれました。
イアンは何度も、これ、本当に自分で作ったの??と聞いて唖然としているほどおいしい。
アメリカにはこういう洒落たものは、めったにありません。

ところで、シュークリーム、というと変な顔をされるので、このお菓子を説明するときの
名前としては適切ではありません。
shoe cream??? とおもわれます。

もとはフランス語なんでしょーかね。英語なら多分puffです。cream puff。


2 comments:

Anonymous said...

chou a la creme chouはキャベツです。絞った皮がキャベツの形に見えるから。美味しいよね~!そ

jun said...

ゆりさんと作ったときは、完璧に膨らんだのだけど、
自分でもう一回作ったら、平らで全然キャベッツでは
なかった。。
アメリカではまったく有名ではないおやつらしく、
おいしーー!!と、ペチャンコのシュークリームなのに
上級のお菓子すごい料理うまい
と褒められました.