Wednesday, August 3, 2011

Acceptance

あくせぷたんすいずじあんさー
というのは、
AAで有名なフレーズの出だしです。

P417
...it may seem, and even though I didn’t give my permission—really, really
am an alcoholic of sorts. And it’s all right with me. Now, what am I going
to do about it?” When I stopped living in the problem and began living in the
answer, the problem went away.
From that moment on, I have not had a single compulsion to drink.

   And acceptance is the answer to all my problems today. 
When I am disturbed, it is because I find some person, place, thing, or situation—some fact of my life—unacceptable to me,and I can find no
serenity until I accept that person, place, thing, or situation as being exactly
the way it is supposed to be at this moment.
Nothing, absolutely nothing, happens in God’s world by mistake. 
Until I could accept my alcoholism, I could not stay sober; unless 
I accept life completely on life’s terms, I cannot be happy. 
I need to concentrate not so much on what needs to be changed in the
world as on what needs to be changed in me and in my attitudes.

   Shakespeare said, “All the world’s a stage, and all the men and women
merely players.” He forgot to mention that I was the chief critic. I was always
able to see the flaw in every person, every situation. And I was always glad to
point it out, because I knew you wanted perfection, just as I did. A.A. and acceptance have taught me that there is a bit of good in the worstof us and
a bit of bad in the best of us; that we are all children of God and we each have
a right to be here.When I complain about me or about you, I am com-
plaining about God’s handiwork. I am saying that I know better than God.
For years I was sure the worst thing that could...

そう、受け入れることが今ではすべての問題に対する私の答えになっている。
私が平静ではない時というのは、自分がひとや場所や事柄や状況、そういう自分の
人生の中での実際を受け入れることができないっていう時で、
その、ひとや場所や事柄や状況を、それらはその瞬間にまさにそういう風になるべき
出来事だったんだ、と受け入れるまでは、私は正気に戻ることができない。
神がつくったこの世界には、何ひとつとして間違って起こるできごとは、ない。
自分のアルコール依存症を認めるまでは、自分はシラフになることができなかった。
自分の人生がこういうものだ、と受け入れきらないと、私は幸せにはなれないのだ。
世の中で起こっていることを変えようとすることより、自分自身と自分の態度の変えるべき
ところを変えられるように努力することに、集中するべきなのだ。

これは毎日AAmtgが始まる前に読まれます。声に出して毎回読むことで
その場にいる人が、日常的にこのことを思いだし、シラフでいることの
理屈を忘れずにいられるように、という理由です。
日本語に訳されたアルコホリックスアノニマスという本には
この部分までの翻訳は載っていません.

原本は、43人が執筆した文によってできあがっているものなのですが、
日本語版には2人のものまでで、息切れしておしまいになっています.

あくせぷたんすわずじあんさー、というタイトルのこの章は、
27番目に掲載されています。(ビル作の部分から数えて)

No comments: