Thursday, October 6, 2011

HOUZUKI 再び

ほうずきが、いきなり9月になって芽生え、緑だけど実もつけはじめ
ダンとイアンは毎日しゃがんで眺めては、わくわくしてこの植物の成長を語りあい
夜はコンピューターでほうずきについて検索し、どんな実がなるのか語りあい、
マジックだマジックだ、と興奮しています。

調べたところ、この草は鎮静剤、解熱剤、そしてabortion剤(流産させる薬)になるとか
それから昔は男性の方が使用する避妊剤としても使用されていたとか、
実はパイナップルといちごとトマトとチェリーを混ぜたような味(または単独でそのどれかの味)
らしいとか、酸味が強いらしいとか、
とにかくこの写真


が気に入ったらしく、こんな植物みたことないこんな実をみてみたい食べてみたい
茶色くなって落ちたら熟れた証拠らしい、と
毎日話しています。

Japanese wifeをもらったから、いきなり日本の植物が生えてきたのか、、と
どうして生えているのか疑問は疑問のまま。
イアン説は、古い切り株が植わる前から、その種はこの土地に植わっていて
その大きい木の根っこに埋まって長期間冬眠状態だったのが
ダンが根っこを取り除いてむき出しにされた土の中から、今ごろ目覚めた

のかもしれない。とにかくウチは今ほおずきブームです。

3 comments:

Yuki said...

懐かしいです〜。
子どもの頃に、おばあちゃんにほおずきの遊び方を教えてもらった。たしか、、、ほおずきの実の中身をだして空にして、口の中にほおりこむ。実の中に空気を入れては、軽く噛んで、「ぐにゅ〜」と音をたてて遊ぶんだけど、、、
私は上手じゃなかったなぁ〜。

jun said...

日本では草むらに勝手に生えていた印象で、気にしたことが無かったけれど、これは夏の草ではないのか?
うちの庭中ほおずきになれば、遊んでみることもできるかも。今だに青いです。
最近10月1度だったのに20度くらいになって経過してます。
ほおずきには都合の良い気温かな。でもとおりは紅葉してます。

Anonymous said...

私は幼い頃、ほおずき食べました。中身だけ出して鳴らしたりもしました。今はほおずき市とかの観賞用としてしか知らない人が増えている様子の現代日本。そ