Thursday, October 6, 2011

R.I.P.スティブジョブス

R.I.P.ですが
rest in peace という文の省略です。へいわのなかでねむれ、という意味です。

スティーブ ジョブスという人は、若い頃親の家の車庫で、組み立てたり創ったりしている
オタク学生だったのだが、それを始めた4年後には、4000人の従業員を雇用し、自分の
開発したものを売り出すようになった、天才です。


ダンが高校の経済の授業のときに、株を買うならどの会社のものを買うか
というような課題があって、皆会社のことを調べて儲かりそうな株を選ぶのだけれど
ダンと彼の親友は、当時の小さいアップル会社のしていることがユニークで好きだと
思ったので、その授業ではアップルを選んだという。

先生や仲間に、そんな小さい会社全然儲けられないよ、と言われてガッカリしたらしいのだが
もし当時その安いのを本当に買っていたら、のちにたくさん儲かった、、と
良く話していました。

誰も見向きのしないような小会社から、短期間の間に人間の生活を根本から変化させた、
くらいの発明をした天才、とテレビ新聞でいろんなエピソードで説明しています。

トイストーリーなどの映画の製作を可能にしたコンピューター技術を発明したのも
彼で、子ども向け映画、映像分野にも大きな変化をもたらした、ということです。

今晩はそのスティーブジョブスSteve Jobsが亡くなった(56)ということで
アメリカではみんなが動揺しています。


すい臓ガンに数年前から侵されていたということで、一番疼痛がひどいガンに侵されつつ
活動、仕事をしていたらしいところまで、天才はレベルが違うように思われる。

No comments: