Tuesday, November 22, 2011

日本のアル中談義

心の家路という名のウェブページに、わたくしめのぶろぐが紹介されています。→
ttp://www.ieji.org/ 
みんなごちゃごちゃ言いまくっています。
日本各国アル中談義です。

昨日もステップ1の降伏するということが解せないと言う人に会いました。
これは解せなくて当たり前で、わかった!できた!!と言うほうが、難しいものなのです。

ではどうやって、自分がステップ1に取り組んでいると証明できるのか,というと
それは自分の心底では何を思っていようとも
mtgに行き、正直に自分のことを何かしら話す、という行動をとることです。
ステップ1は『クリア』したんだけど、その後のうんぬんでどうたら、
と悩んでいる人は、どの国にもいます。

クリアした、とはなりません。趣旨を理解した、と表現することはできます。そして
実際に今日、心の病気の声を無視しイヤイヤでも上記の行動をとった、という時点で、
「今日はステップ1はできた、」と言えます。
つまり、毎日ここでつまずく可能性があるわけです。

AAでステップという指針ができて以来、君の生き方の手本はそこに示されています。
私はステップ1は踏んだから,他のステップに取り組みたいとおもわず考えがちですが
これは、学歴社会の先入観?でしょうか。
ステップ問い1~12、という問題が書かれた答案用紙を完全に埋め、しばらくインターンシップ
にでれば合格し、その後は「脱アル中証」という証書をもらえ、もう病気に戸惑うことはない
という偽ステップ発想は、幻想に生きる、最後のわるあがきの一部です。

頭の声は病気自身が発言している、と認識して
自分の病気の声がなんといおうとも、AAめんばーとして求められている行動をとった日は
あぁ、ぼくは今日は降伏していた、と思っていいわけです。

慣れてくると、ステップ1の行動をとりながら、他のステップで言われている態度にも配慮
していくことになります。なので初心者には、時間と練習がいります。

自分より経験が長い人をスポンサーとよび、その人を使いながら時間をかけてステップ12まで
繰り返し読んで実践していく日々が,
ステップに取り組みながらシラフで、アル中じゃない生き方をする、ということです。

No comments: