Tuesday, November 22, 2011

生卵 アーミッシュ

本日4年ぶりに、、日本を出て以来初に、納豆卵ごはんを食べました。
アメリカ人の100%が、 生卵は食べるなと私に忠告してきたから、食べませんでした。
いやアメリカ人は、なま食をしないので、そんな食べ方をするな、という意味もあるのでしょうが
やはりそんな風に食べるとサルモネラが,と過敏になっています。
最近はお菓子作りの練習のために、卵を家族にも食べさせてなかった。

今日ゆりさんが寄ってくれて(近所のおばさん私のお菓子づくりの師)、
アーミッシュの人の鶏の卵を1パック$1.25でたくさん買った、というので、
1パック引き取りました。

ハナ子初タマゴかけご飯。納豆と海苔と醤油と炊いたばかりのごはんで、おいしいねぇ。
ハナ子も完食しました。
納豆は4パックでタレなしで$2.50、とタレなしまで妥協しても,日本の倍くらいで高いから
あまり買わないんだけど、このアーミッシュ卵が新鮮なうちは毎日卵かけるために
明日は納豆もっと買いにいこう。

アーミッシュ族とは、身の回りのものをすべて自給自足で賄い、世の中の変化に
ついていかないように決めた人たちのこと。
昔からいて、その人たちが住んでいる地域には、車道に馬車も走ってたりする。
まぁあまり現代人と関わらないように,離れて住んでいるわけだけれど、必要な時には馬を出すのでそのような光景が、見れるはずなんだと思う。
その人たちが作る家具は非常に精密で高性能で,細部まで全部手作りなので
現代社会に持ってきて、超高価で売る。

と、ウィキペディアには書いてある。けれど私のまわりで一度も馬車を見たことはないし、
ということはものを売りにここまで来るのには車を使っているのだろうか。
基本的に、自給自足ができる族ということだけど、昔よりは現代に溶け込んでいるのではないかと
推測する。
調べると詳しい事が分かると思うけれど,今日は半熟卵納豆ご飯を食べて,感動したので
その主題にとどめます。



この地図から,アメリカのどの辺にアーミッシュ(Amish)が住んでいるか大まかに分かります。

No comments: