Monday, December 19, 2011

ビッグブックの個人の物語の部分について

ビッグブックは今一番新しいのは4th edition と書いてあります。4回増版したということですか。

ページを繰ると、目次には、前置きがあり
第一版出版にあたって、第二版、第三版、第四版の出版にあたって何かしら書いてあり
医師の意見、という外部の人のこの本出版にあたっての肯定的意見の章があり
次に、 ビル氏がこの本を出版するにあたっての経緯と、
アルコール依存症からの回復の仕方を、自分の経験談を用いて非常に綿密に
11章使って書いてあり、次に、他の回復した人の個人的な経験の話が続きます.

パート1は Pioneers of AA 初期のAAの仲間の経験、としてボブ氏(ビル氏とAAを始めた)
の話から始めて、それ以外に9話続きます.

パート2は They stopped in time そして彼らはやめた、というようなテーマで個人の話が
17話あります。
私が英語の練習に訳をしてきて、ちょうどさっき終えた話は、ここの第16話です。

パート3は They lost nearly all 彼らはほとんど全部失った、というようなテーマで
15話入ってます。

その後、AAの決まりと運営の方針についてを伝統的に守るため十二項挙げられております。
そのあとは、スピリチュアルな体験とはなにかという、一言添えがあり
この本の出版後、世界がどのように反応したか書かれています。

また翻訳をしていきたいものであります。

最近一話を早く終わらせるために、借りていた宮部みゆきも読まずに書いていましたので
久々そっちを明日はしたいです。

No comments: