Saturday, June 16, 2012

6月 蒙古斑は白人にはない

6月最初の週から、火木と日本語教授法を習いに行っています。月水には昼に二時間初心者の奥様に英語を教えています。この前は偏頭痛になって宿題がなかなかできず大変でした。宿題をやるという懐かしいプレッシャーを学校から与えられ、火木のみといえど焦ります。

ハナ子は月から金まで学校(保育幼稚園合同の保育園)に行っています。最初の2日は楽しい!?と思ってハナ子自ら勇んで行っていましたが、3日目の水曜には疲れて起きられない様子だったのであっさり休ませました。

おパンツ濡らすことはなくなったはずなのに、念のため学校に行くときだけ先生をてこずらさないようにパンツガタおむつで登校していたら、日中ずっとおむつにおしっこうんこ、していたらしい。6週間だけの学校だから遠慮して、このまま進歩は望まずにしておこうか、紙パンはもう着けないで濡らしたらアカンと言うのを身をもって体験してきてもらうべきか、の分かれ目にいます。

蒙古斑は、白人には無くてモンゴル系の先祖の人にだけ出ます。名前のとおり。ハナ子のお尻は青いのですが、これどうしましたか?と先生に聞かれました。上記を説明しようと思いましたが、蒙古斑を何というか分からなかったので、できませんでした。蒙古斑は見た目は本当の青たんと同じなので、保育士はお役目上確認しなくてはいけないのです。

木曜日に帰ってきてから、学校どうだった?と聞いたら不意に顔を手で覆って、机に突っ伏して無言になった2歳児ハナ子。。まぁ頑張ってくれたまえ。

金曜日からウチの両親が近所のホテルに泊まってます。来週からドライブアメリカ旅行に出かけるらしい。20日程度の旅らしい。今週末はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に何をしようか考え中です。今日土曜日は、補習校の運動会の幼児の部にだけ顔を出してきました。35度くらいまで上がって蒸していたので15分程度の滞在で、退散し近所の日本食屋で父の日ランチをしました。ダン初の日本食屋で、生魚は無理だけれど日本の大衆食堂のような味がとてもおいしかったそうです。

私はゆっくりなので、学校が始まって2週間がたちようやく何を教えられているか気づき始めたところ。最初はA+だったのが、Aになり今週末の小テストはB+だった。落ちないように頑張らなくては。

No comments: